出会いの場がなければ、恋活アプリなどが利用でき求めるだけではなく、積極的に動くことも大事です。出会うコミュニティーの場に限界はあっても、実際、恋人関係で年の差を気にしない異性も少なくないのが本音で、年齢を活動の妨げにすることはナンセンスです。

限界よりも年齢制限がかけられている

結婚には適齢期がありますが、恋活には年齢の限界というものがあるのか、ないのか、肝心なのは忍耐力です。20代や30代でも草食系男子は少なくはなく、こうした男性向けとなる恋活アプリは活用されています。婚活には子供が欲しい場合に限界は実際にありますし、2人だけの問題ではなくなります。逆に恋活は恋人関係であり、出会いも別れも、好き嫌いも2人の問題で済む話です。アプリでも街コンでも、ある程度の年齢制限が設けられている背景から、活動年齢に限界はなくとも、支援する側から拒まれる場合もあり、限界より制限がポイントと言えます。

出会える数も女性にとってポイントになっている

男性心理では、少しでも若い女性と出会いたいと考えた活動が多い傾向で、婚活同様、恋活で女性に求めるのは容姿と年齢という意見も聞かれています。一方、女性の思考は、チャンスが少なくなってしまうことを懸念しています。友達づくりではなく、恋人づくりを目的とし、理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしています。この点からも年齢問わず、積極的に活動して欲しい思いが女性側の意見として捉えることもできます。ですが、恋人から結婚と考えた場合には、女性の年齢より、プラマイ1 0歳が限界という意見も挙げられています。何はともあれ、しっかりしている、見た目が若ければなど、性格や見た目でも意見は十人十色であるのが実状です。

出会いには年齢って関係しているのか

恋活では、異性の友達があまりいない点などを持ち上げる男性も少なくはなく、一見して、周りに女性の影がないから安心、硬派な男性をアピールできる内容です。しかし、女性は基本的にモテる男性を好み、その男性が自分だけを見てくれる、一途でいてくれることを求めています。モテ期が誰にでも訪れればいいけれど、現実はシビアで、ゴールインしたかどうかは別として、恋多き世代はやはり20代から30代であるアンケートもあり、その間に前向きに出会いをつくることがカップリングに繋がる一歩と言えます。そのため、仕事人間でも手軽さが魅力のアプリケーションが活用できます。

まとめ

20代からはじめる恋活でも、30代や40代からでも、活動時期は1人1人の出会いたい気持ち次第です。年齢差などより、出会える人数も大事で、恋人をつくるにも、異性がいなければ意味がなく、意欲さえあれば活動に限界はありません。