好みは十人十色であるため、100点満点のパーフェクトなプロフィールはありえないため、蔑ろにするケースもありますが、それは勿体なく、顔が見えないアプリ利用でも、ポイントを踏まえれば、女性の目に留まる確立は急上昇します。

画像からもイメージがつけられている

まずは異性と出会うため、ナンパなどの積極性が乏しい男性には、手軽に恋活アプリで知り合うことが第一段階です。20代でも草食系の男性は意外と多く、自己PRは必要で、特にプロフィール欄で大事なのは、第一印象となるプロフィール写真です。とある恋活アプリ調査によれば、画像を設定してない割合は3割で、イラストや動物、人気キャラクターや風景の画像と続き、ある程度のイメージが画像から判断されています。ここでポイントとなるのは、自分の写真を掲載するケースで、ナルシストに見せないためにはキメ顔は避けて、流行りの自撮り画像を掲載します。ポイントは、友達と写っている点で、友達との良い関係も印象付けながら、自分の顔をさりげなくアピールでき、自然な表情も出ますし、自撮りの恥ずかしさも払拭できます。

メッセージを送りたくなるような印象

女性ウケを良くするにも、顔が写っていない画像では会った時、イメージ通りではないなど、がっかり感が高まってしまう意見もあります。女性がメッセージを送りやすいのが、平均的であることで、容姿も含めて魅力的過ぎる、無さ過ぎる男性には声をかけない傾向です。ですが、逆にネガティブなことをプロフィール欄に書いていては女性が近寄ってこないのも事実です。最大のポイントは、文章の読みやすさはもちろん、女性がどこを注意して見ているのか、という点です。人柄や自信が伝わること、いわゆる女性ウケのポイントを押さえているのか否かです。例えば、男らしさを出したい場合、仕事で頑張っているところをアピールすることも一利あります。婚活と異なり、職業より仕事に対する情熱、一生懸命であることを盛り込んでおくのがベストです。

無難な文でまとめるのが一番ウケ入れがよい

趣味や興味のあることをアピールする男性もいますが、経済力を全面に出すのはサクラっぽい印象や自慢話として、印象を悪くします。住んでいる居住エリアからも経済力を判断するため、自慢したい場合では、女子ウケポイントを盛り込むことが大事です。インテリアへの興味などは、1人暮らしのお部屋をオシャレにしているイメージを持ってもらえるケースが多く、特にイメージアップに繋がるのは、仕事に真剣に取り組んでいる男性が充実したライフスタイルである内容です。良い成果を出したいので誇りをもって仕事して、大変ですが毎日楽しい、などが万人受けし、無難です。できる男をイメージでき、年齢差があっても見た目で選ばないなど、恋活アプリでも出会いに繋がるポイントは随所に盛り込めます。

まとめ

仕事人間だから、女性との出会いが少ない場合にはアプリが活用できます。まずは、自分を知ってもらう自己PRは大事で、写真や文章から人柄が伝わることが大事です。また、自分のステータスを盛り込むことも男性側には男らしさで必要と言えます。