コミュ障を理由に彼女作りを諦めてはいませんか。多くの事をネットのみで簡潔できる昨今、直接人と接することが苦手ないわゆるコミュ障を自覚しており、彼女ができない、作り方がわからないと嘆いている方は多いのではないでしょうか。コミュニケーションが苦手でも、いくつかの点を抑えることで彼女ができる可能性は高まります。

①男女を問わず交友関係を広める

彼女が途切れない、出会いが多いという人はとにかく交友関係が広いものです。交友関係の広さはそのまま出会いの多さにつながります。彼女作りの交友関係を広げる場合に、女性の交友関係を想像してしまいがちですが、実際には男性同士の交友関係を広げるだけでも、女性に出会える可能性はかなり高まります。男性にも女性の友達や知り合いは必ずいます。男性同士で仲良くなれば、女性もいる飲み会やイベントなどに声をかけてもらえる確立が高まるためです。このようなイベントでは友達の友達ということで、初対面の段階で好意的な印象を持ってもらえる可能性が飛躍的に上がります。彼女の作り方がわからなくても、男性同士なら大丈夫という方は多いのではないでしょうか。

②相手の目をみながら、相手の話を真剣に聞く

誰しも自分の話を真剣に聞いてもらえる人には好意的な感情を持つものです。特に女性は話好きな方が多いので、話を聞いて受け答えをしてくれる人というのには非常に信頼を寄せてくれます。この際に、相手の目を見て会話するかによって、真剣に話を聞いているかの印象が大きく異なってくるので、必ず相手の目を見て話してください。コミュ障だから目を見るのが難しいという場合には、話相手の眉間、もしくは鼻筋を見るようにすると緊張せずに相手を見ることができます。一見すると地味で関係ないように思えますが、このような気配りが相手の印象に与える影響は大きいです。

③身なりをキチンと整え、清潔感を出す

清潔感も人に与える印象としては、大きいものです。清潔感といわれても、いまいち具体的なイメージがわかない方も多いと思います。清潔感とは特別オシャレな格好をする必要があるわけではなく、髪を短めに保ちボサボサのままにせず、髭は必ず剃る。服は安くてもかまわないので、自分のサイズにあった、シワなどのないものを着るなどの点を抑えるだけで清潔感は大きく改善されます。シンプルで安い服装でもきちんと自分にあった、きれいな服を着ていれば自然と清潔感がかもし出され、オシャレに見えるものです。男性も女性がボサボサの髪の毛で、しわのある服を着ていたら、あまりよいイメージは抱かないのではないでしょうか。

まとめ

上述した3点を実行するだけでも、女性からの印象が改善されることは間違いありません。彼女の作り方がわからないと嘆く前に、簡単なことからでも実行してみると案外物事はよい方向に進むことはあります。コミュ障を理由に出会いを諦めるのではなく、自分でも簡単にできることに気を配っていくと彼女も案外簡単に作ることができるかもしれません。