いざ念願の彼女ができても、なかなか長続きしないという人や、すぐに冷めてしまうという人も多いのではないでしょうか。良い関係維持のためには、彼女とのメールの内容や頻度が重要ということも頭においておきましょう。

メールの頻度を相手に強制しない

彼女とメールをするとなると、自分の連絡の頻度や返信までの時間を自分の基準で考えてしまいがちではないでしょうか。しかし人それぞれペースには違いがあるということは頭においておかなくてはなりません。自分が一日何通もメールをしたいタイプでも、彼女側はそんなに多く連絡を取るタイプではないこともあります。その際に、返信が遅いということや連絡があまり来ないことに対して責めてしまうと、彼女からめんどくさいと思われてしまう可能性が高いです。自分の基準を相手に押し付けないようにすることは関係維持のためには欠かせない点となります。

内容は長くしすぎないことも大切

メールを送るなら長文で送りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。疑問形の文章にしておいたほうが、相手が返信しやすいというのは間違いありません。しかし、あまりに長文となれば読むだけで疲れてしまう女性も多いです。女性は長文が好きだというイメージがありますが、人それぞれに個人差があるので文章の長さは相手に合わせるようにしておくと、互いに不満が生まれることもありません。一日一通長文を送るよりも、一日になんつうか短文でも良いので送ったほうが、相手のことを身近に感じることができ関係維持に役立ちます。

短くても思いやりを忘れない内容にする

関係が長く続き出すと、メールの内容も冷たくなったり、そのつもりはなくてもそっけない文面になってしまいがちではないでしょうか。短文ということに問題はありませんが、短い中にも思いやりを持った内容にしておくことが大切になってきます。時には感謝の気持ちを伝えてみることや、記念日にはお祝いのメールをするといった、些細なことをしておくことで関係維持に繋がります。毎日のように顔を合わせるという人でも、時には思いやりのあるメールをすることにより、相手の大切さを互いに実感することができるようになるのではないでしょうか。

まとめ

彼女との良い関係を維持し続けたいという場合には、メールの内容と頻度には十分気をつけるようにしておきましょう。相手に自分の価値観を押し付けないということも、良好な関係を続けていくためには必須と言えます。