初対面の女性と会話がうまくできない男性でも、できることなら上手に立ち回って彼女が作れたらいいなと考えている人も多いはずです。口下手とあきらめずに、合コンが苦手な方も、女性との会話を広げることができないと悩んでいる方も会話のテクニックを学んでいきましょう。

警戒心が解けなければ話ははずまない

初対面の女性と対峙したときに、うまくいかない人の特長には、一方的に離し続けてしまったり、その逆に全くしゃべらない等、極端なケースになっていないでしょうか。また、質問ばかりで、相手が返答に困っているというような状況があったのではないでしょうか。会話は相手とのキャッチボールを楽しむものですので、相手が準備できていないのにボール投げてもダメですし、ボールを投げなければそもそも会話が成立しません。女性は警戒心を持っていますので、これを解くことができなければ話がはずみません。相手が話しやすい状況を作るためには、自分のことを話す自己開示のテクニックあります。以降で詳しくみていきましょう。

自分の事を話して緊張を解くのが重要

女性は男性とは違って、関係性を積み上げながら好きに なっていく傾向がありますので、話しやすい雰囲気や状況を作り出すことが大切です。本来は、女性が話す内容をしっかりと聞き、話が盛り上がりそうなポイントを掘り下げていくのがベストなやり方です。警戒心を持たれたままでは、盛り上がることもありません。そこで、自分のことを話して、相手の警戒心を解いて、話しが成立しやすい状況を作っていきます。注意したいのは、自分のことを一方的にベラベラしゃべってしまうことです。適度なところで、軽い質問を織り交ぜながら会話を進めていくのがコツです。この時点では、男性側が多めに話した方が良いでしょう。警戒心が解けて話しやすい状況になったら、女性側にしゃべらせて聞き役に徹するとスムースに会話ができます。

聞かされて困るような内容はNG

会話のネタ選びは重要ですので、慎重に検討しておくと良いでしょう。口下手な人ほど、暴走すると何でもかんでも話してしまうケースがありますので注意してください。少なくとも聞かされて返答に困るネタや、暗いネタは避けることが無難です。また、自慢話に終始するようでは、楽しい話は望めません。話しのきっかけとなる話題がなくて困るという方は、今ある身近な事柄をネタにして雑談に持ち込むこともできます。周囲の人の服装であったり、飲み物の話題であったり、目に入ったものを軽く振ってみるというやり方です。自分のことを話すとしても、その根底には相手を楽しませたいという気持ちあることが大切です。女性が話しやすい状況を作ることにつながるからです。

まとめ

初対面の女性と話しがはずまないと嘆く男性のために、会話のテクニックの一例をみてきました。相手の警戒心を解くためには、まず自分のことを話すこと、また、応えやすい質問を織り込むことが大切です。話題がなくても、相手を楽しませることを念頭におくことで、たとえ雑談でも会話のキャッチボールができるようになります。